1. ホーム
  2. 未分類
  3. > 自律神経を制する者は自立を制す

自律神経を制する者は自立を制す

このエントリをつぶやくこのエントリーをはてなブックマークに追加
2010.03.30. 未分類

こないだの日曜日は、勉強会でした。
♪ 春を愛する人は 心清き人.
 すみれの花のような ぼくの友だち♪

は、四季の歌の歌詞。
そう、春を愛する余裕がなくなると
心にも体にも不調が来てしまう。
そんな、春になると自然に増えてくる自律神経の乱れからくる
心と体の不調に対する勉強会でした。
PUZZLE仲間の星さん鈴木暁光先生を名古屋に呼んで
企画してくれました。
IMG_1275
IMG_1291
手前みそですが、てらだいら自身、
今まで、自律神経に対するアプローチの
色んなセミナーに出て勉強してきました。
でも、今回の勉強会は、
今まで勉強してきたこととは違った切り口のものでした。
そして、とても学術的な内容でもあり、
てらだいら自身、勉強不足で知らないことをたくさん知りました。
●大脳新皮質と脳幹の仕事
●自律神経の存在意義
●体は嘘をつかない。口は嘘をつく。
●体と心のブレーカー
●効果と評価
※このことについては、
三宅先生のこのブログにとてもいいことが書いてあり
すごくヒントになります
●リフレーミング
●アプローチ方法
●患者さんにとって何が大事か
IMG_1276
IMG_1277
IMG_1290
自律神経失調症、自律神経の乱れから来る色んな症状、
学術的なとらえ方。
そこから見える
自律神経の本質と患者さんが求めているもの。
色んな事を今回の勉強会で学びました。
そして始めからそこにあるのに
見落としていた大切なことに
気づくことができました。
最近、学ぶことの楽しさを実感できるようになった今日この頃です。
そんな学びの機会を作ってくれた、星さん、
講師の鈴木先生、どうもありがとうございました。
追記
暁光先生が最後に言っていたことが特に心に残りました。
働きすぎている人は、
働きすぎていることがわからなくなっている。
なぜなら
働きすぎているから…。
頑張りすぎている人は
頑張りすぎていることがわからなくなっている。
なぜなら
頑張りすぎているから…。
自律神経が乱れている人は
自律神経が乱れていることがわからなくなっている。
なぜなら
自律神経が乱れているから。
だから変わりに体の色んなところに不調が出る。

体からの大切な手紙が届いていることに
気づくことが大事なんだよね。

追記2
そしてこんな事も言っていました!

酔っ払っている人は
酔っ払っていることがわからない
なぜなら
酔っ払っているから(笑)

※酔っ払っている人に
「酔っ払っているね~」
と言うと必ずと言っていいほど、
「いや、俺は、酔っ払ってない!! ヒクッ
と言いますよね~~~(笑)
追記3
5月にはプライベートのイベント
6月にはMB名古屋セミナー
そして、7月の最終日曜日にとあることを企画中どぇす!!
おいドンの自律神経がワクワクと楽しさを自然と感じ、
体とココロが反応してしまっていまっす!!

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。