1. ホーム
  2. 未分類
  3. > ブラッシュアップメソッド puzzle FAINAL

ブラッシュアップメソッド puzzle FAINAL

このエントリをつぶやくこのエントリーをはてなブックマークに追加
2009.12.07. 未分類

PUZZLE_02_2_07
puzzle_web001
来た。
ついに来てしまった。
Puzzle FAINAL
心に色んな感情をしまいながらも
最後のPuzzleがスタート
今回は、プレゼンテーションからではなく、技術から。
fainal puzzle
IMG_0889
IMG_0891
IMG_0893
今回の技術は
冷え性・むくみのアプローチ
その名も「みずかき療法」
これは、そこしかアプローチしていないのにもかかわらず、
ホントにすぐに足が温かくなって、その効果を患者さん自身が実感できるというもの。
(てらだいらは以前、先生のお家に遊びに行った時に教えていただいたことがあったのでからバラ患者さんには行っていて、すごく喜んでいただいています!!)
耳鳴り・頭痛(特に側頭部・後頭部)のアプローチ
その名も
「さざえ療法」
「うなじはがし」
「乳様突起のカウンターストレイン」
どの施術も、短い時間なのにやられた感があり、
それでいて、あり得ない位、頭の爽快感、目のスッキリ感を実感できるもの。
そして、どの施術も理論的でありながらシンプル。
どうしてここまでわかりやすく出来るんだろうといつもながら驚かされました!!
そして、技術の後は座学
今回は、○○心理学を習いました。
これは、別に患者さんを洗脳したり、誘導したりするものでなく、
知っておくことで、みんながお得になるもの。
こうやって言うと余計に、あやしく聴こえてしまいますが…(笑)
あまりの的確さに、その凄さを認めざるを得ませんでした!!
(暁光先生の心理学のたとえ話がわかりやすいのと、本質をとらえ過ぎていてみんなでゲラゲラ笑ってしまいました
恐るべし、○○心理学
ここで一旦、休憩してティータイム
fainal puzzle3
わっしー鷲崎先生の差し入れのシュークリームとトクトク徳山先生の奥さんの手作りのセサミーせんべいをいただきながら、みんなであーでもないこーでもないと談笑!!
そして、いよいよPuzzle最後のプレゼンテーション。
鈴木先生からプレゼン順が発表。
ここで、てらだいらはオオトリの最後。
Puzzleメンバーみんなのプレゼンを聴いていて、
その姿。立ち振る舞い。
こんな素晴らしい仲間に出会えたこと。
プレゼン中みんなが言ってくれる
「寺ちゃんがいてくれたからこそ…」
「後輩の寺ちゃんのやっている姿に刺激されて…」
「寺平先生がきっかけを作ってくれたお陰で…」
などなど、メンバーからの色んな心温かい言葉や、
プレゼンで僕を最後にして下さった鈴木先生の気持ちに
一人で色んな想いが勝手に込み上げてしまって
感情が高ぶり過ぎてしまい泣きそうになってしまいました。
(今、このタイミングで泣いたら、絶対にいかん。)
それを抑えるのに必死で一人で顔をしかめてしまっていました。
そして、自分の番のプレゼンは、
自分が話そうと思っていたことを一切やめて、
自分の心の感情のままプレゼンしました。
なぜ、話そうと決めていたことをやめたかと言うと、
Puzzleメンバー、サポートしてくれた江尻先生、橋爪先生、
そして、
鈴木暁光先生への「感謝の気持ち」を伝えたかったからです。
プレゼンが終わり、鈴木暁光先生からの心の深くに届くラストメッセージをいただき、
半年間に渡るPuzzleが終了しました。
fainal puzzle2
fainal puzzle5
fainal puzzle4
本当にPuzzleという学びの場、道場に来れて良かったです。
このPuzzle、鈴木先生から、これでもかという位の本質の連続を教えていただきました。
それは、学校では教えてくれない、
いや教えることの出来ない本質でした。
技術
魅せ方
自分で考えること
『いいこと言うよりいい結果』という暁光語録にもある、
「やりました」ではなく、やった成果と結果にこだわる
本質より上にある法則を感じ、実行すること
クロージング
この半年間、本当に色んな事を教わりました。
プレッシャーも感じたこともいっぱいありました。
でも、そのプレッシャーをPuzzleメンバーと一緒に乗り越えてきたことが本当に楽しかった。
だからかな?
戦友のような感覚があるのは。
仲間の成長が自分の成長になることをたくさん実感しました。
大人になって、
こんな風に絆が深くなる機会があるなんて思っていなかったです。
Puzzleメンバーのみんな、サポートしてくれた江尻先生、橋爪先生、
そして、
鈴木暁光先生、
どうもありがとうございました!!
Puzzleという意味を辞書で調べたら「謎解き」という意味があるそうです。
まさしくこの半年間の「Puzzle」は、
自分という一番の謎の部分を解明していきながら、
自分に必要なピースに気づき、
自分というオリジナルなキャンパスの上に
そのピースを埋めていくものでした。
そのやり方がわかった今、
成果を出しながら成長し、
色んな絵を描きながら
自分というキャンパスを何度も大きく変えて、
その時に必要なピースをはめていきます。
追記
Puzzle卒業式は、セクシーなお姉さんのベリーダンスショーに、鈴木先生、Oさん、わっしー鷲崎先生の即興バンド、メンバーのアサノーさんのサプライズハッピーバースデーにと、大盛り上がりでした。
そして、最後に
Puzzleであれだけ現実と理論を語ってきた鈴木先生からの
「目に見えない世界」を体感させられるあの出来事が…。
そして、あのどんでん返し!!
最後の最後まで息つく暇がありませんでした。

どこまで、この人(鈴木先生)の
人間力は大きいんだぁぁぁああああ!!!!!

fainal puzzle6
IMG_0925
IMG_0917
fainal puzzle7
fainal puzzle8
IMG_0942
IMG_0939
IMG_0936
IMG_0914
IMG_0916

l_logo
T-Alive公式サイト
お申し込みはコチラから
<お知らせ>
3月に開催した毒縁会では、会場と交渉して席を増やせたのですが、
今回の会場は、席数に限りがありますので、増席が出来ません。
ですので、定員に達し次第、
申し込みを締め切らせていただきますので、
ご興味をお持ちで参加しようと思って下さっている方は、
お早めのお申し込みをして下さると助かります。
よろしくお願いいたします。


コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。