1. ホーム
  2. 未分類
  3. > 甲子園!!

甲子園!!

このエントリをつぶやくこのエントリーをはてなブックマークに追加

たった今、熱闘甲子園をテレビで見て、今日の甲子園の決勝戦の試合内容を知った。
やっぱりものすごい熱戦が繰り広げられていた。
昨日と同様、球児達の熱い思いがプレーに出てて僕の心を熱くした。
なんで高校野球は僕の心を震わすのだろう?
球児たちが高校生活を野球に全身全霊注ぎ、全力で勝ちにいく真剣勝負が心をうつのかな?
本当にたくさんの感動をもらいました。
高校野球ありがとう!!
毎年、高校野球を見ていると僕は中3の夏を思い出す。
僕が中3の夏、兄は高校3年生、3番ショートで高校生活最後の甲子園を目指す大会を迎えていた。
ノーシードの公立高校でありながら、1回戦、2回戦とチーム1丸で勝ち進み、気がついたら愛知県大会準決勝の愛工大名電戦まで勝ち進んでいた。
正直、応援はしていたものの、ここまで勝ち進むとは、家族の誰も思っていなかったと思う。
準決勝は家族全員で瑞穂球技場に応援に行った。
---------------------------------------------------------------------------–
僕が知る限り、兄の高校野球は波乱万丈の連続だったと思う。
早い段階でレギュラーでありながら、大会の前に怪我をしてしまい試合には出られないという事が何度もあった。
しかし兄はその度に腐らず、しっかり怪我を治し、練習をしレギュラーを勝ち取っていた。
でも最後の夏の大会が迫っていたある日、兄は指を骨折してしまうというアクシデントに見舞われた。
そこでも兄は悔しい気持ちを抑え治すことに集中していた。
そんなある日、兄がすごい剣幕で家に帰ってきた。
ものすごい怒りに震え、あまりの狼狽ぶりにその時家にいた僕と母親は、顔を見合わせた。
普段、兄は家では、ほとんど怒ることが無くクールな人だったもんだから、感情的になっている兄の姿にビックリした。
慌てて母親が話を落ち着かせて聞いていると、どうやら、取れると言われていたギブスを、言われていたその日に病院で取ってもらえなかったらしい。
大会が近く焦っていた兄にとっては、その日にギブスが外れれば何とか大会に間に合うという気持ちがあった。
それが取ってもらえなかったのが、納得がいかなかったのだと思う。
何とか兄を母親がなだめ、もう1度病院に掛け合ったところ、外しても大丈夫だったんだけど、念のためにという感じで取らなかったことが解かり、外してもらえるようになった。
それから兄は、動きにくくなっていた指先を必死にリハビリをし、何とか大会に間に合わせた。
---------------------------------------------------------------------------–
大会が始まってからというものの兄は水を得た魚のごとくプレーをし、活躍していった。
ただ、準決勝の相手の名電はやはり強く、リードを許す苦しい展開。
しかも兄のチームはノーヒットノーランペース。
そんな時、兄がデッドボールを受けた。
倒れこんだ兄を見て、会場が一瞬静まり帰った瞬間、
痛みをこらえ立ち上がった兄が何と1塁まで全力疾走!!
この姿に会場中から拍手が起こった。
そんな兄の姿を誇らしく思った。
結局試合は、5対0で負けてしまったんだけど…。
でも応援席からは健闘をたたえる拍手が鳴り止まず、
その拍手に応えるように兄たちのチームがお礼の挨拶に来た。
てっきりキャプテンが「ありがとうございました。」
というものだと思っていたら、兄が代表で
「ありがとうございましたっ!!」
と、お礼を言ったのでビックリ。
その声は涙を流しながら振り絞ったものだった。
普段決して人前で涙を流さない兄のその声を聞いたとき、僕は号泣した。
それは、1番身近で兄の一生懸命、真剣に野球に取り組む姿勢を見てきた僕自身の素直な反応だったんだろう。
この思い出はこれからも僕の中で生き続けると思う。
それだけ宝物な夏の思い出なのです。
おそらくこんな隠れたドラマが高校野球に限らず、一生懸命スポーツにかける人たちの周りで全国のいたるところであるんだろうな?
う~ん。ちょっとおセンチな気分に浸っちゃったな。
こういう日もたまにはありということで…。

コメント&トラックバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    寺ちゃん、朝からちょっと目頭が熱くなっちゃったよ・・・今の僕の視界は雨模様です。でもなんか気持ちは爽やかに晴れました。素敵な夏の思い出、教えてくれてありがとうです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    素晴らしい思い出話をありがとうございます。

    その思い出を寺さんの人生に活かしていこう。

    「最後の最後まで勝負をあきらめない、折れない心」を教えられた決勝戦の2試合でしたね。

  3. 元高校球児のOG

    SECRET: 0
    PASS:
    先生、いいお話ありがとうございます。  思わずコメントしちゃいました。  つくづく高校生の時、野球やってて、と思いました。 高校時代は練習が苦しくて、何回も野球が嫌いになりかけましたけど・・・  

    今は、カイロ大好きです(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    荒川先生へ

    こちらこそありがとうございます!

    自分の思い出にそう言っていただけるととっても嬉しいです。

    柴田先生へ

    コメントありがとうございます。

    ホント、兄から教わった物事に真剣に取り組む姿勢を生かして

    行きます!!

    OG先生へ

    コメントありがとね。

    OG先生も高校球児だから、気持ち解かるよね。

    カイロが大好きっていう気持ちを心の宝物にして

    お互い頑張ろうねっ!!